理科大東工大旧帝理系

1氏による0から理科大工学部合格へのプラン

英数物 偏差値代ゼミの記述模試で40ぐらいの人向け

<英語>
安河内のはじめからていねいに

英語の構文150(例文と研究問題)

山口英文法講義の実況中継(上、下)+速単入門編

基礎英文解釈の技術100

速単必修、速熟

<数学>
マセマの合格1A〜3C

サマリー2B、3C

1対13C

<物理>
橋元流解法の大原則
(わかりにくいところは橋元のはじめからていねいにを併用)
を読みながら、らくらくマスターの基本問題をつぶす

漆原の2冊を覚える

後は、過去問から判断してやる必要があると思えば教材を追加してくれ。

学習法(問題集のやり方や復習の仕方)…mirさんの本のどちらか1冊
+mirさんのサイトのレス集のヤーさん
+このスレをよんでください。

Q.東工大に全統偏差値50から今から受かるプラン立ててください。マジレスです

A. 英語…英語の構文150(例文と研究問題)→山口英文法講義の実況中継(上、下)
→基礎英文解釈の技術100→速単必修、速熟→適当な長文問題集

数学…サマリー→1対1→やさしい理系(河合)

物理…橋元や漆原を参照しながら、エッセンスをしあがる→名問の森

化学…照井計算、福間無機、鎌田有機→化学1B・2の演習(Z会)

後は、過去問から判断してやる必要があると思えば教材を追加。

学習法(問題集のやり方や復習の仕方)…mirさんの本のどちらか1冊
+このスレをよんでください。

旧帝理系への勉強法(高2夏〜

(数学)教科書の章末問題を極める(問題を見たらすぐに解法の流れが思い浮かぶぐらいに)
    →青チャート(自分で解く必要はない。例題だけでよい。「問題を読む→解答を読む→解く」の繰り返し)
    →やさしいorハイレベル理系数学(「問題を読む→解答を読む→解く」の繰り返し)
    →過去問

(英語)英文法・語法のトレーニング必修偏(3回ほどさらさら読む)(基礎ができてる人は省略)
    →基礎英文解釈の技術100(演習問題はせずに英文を音読、音読、音読)
    →速読英単語必修偏・速読英熟語(CDを買って、音読、音読、音読)
    →英文法・語法のトレーニング戦略偏(3回ほど熟読)
    →英文解釈の技術100(音読、音読、音読。演習もやる)
    →英文解釈のトレーニング(音読、音読、音読)
    →過去問
   ・英作文は適当に選んで先生に添削してもらいましょう。

(化学)チョイス(自分で解く必要はない。「問題を読む→解答を読む→解く」の繰り返し)
    →重要問題集orZ会化学の演習(上と同様に)
    →過去問

(物理)エッセンス(自分で解く必要はない「問題を読む→解答を読む→解く」の繰り返し)
    →名問の森(上と同様に)
    →過去問
英文法は、山口か仲本
物理は、橋元の大原則
化学は、はじていか大宮の面白いほど
などの講義型参考書を併用するとスムーズに行くと思います。

偏差値50だと
数学:青チャート→黄チャートorニューアクションα
化学:最初にらくらくマスターを持ってくる
としたほうがいいでしょうね。

戻る